年頭のご挨拶



2013年1月1日

日吉歯科診療所 熊谷崇

新年あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、今年も「地域住民に対し本当の患者利益をかなえる歯科医療を提供する」という気概に満ちた心持ちで新年を迎えられたことと存じます。
2013年もオーラルフィジシャングループ、日吉歯科診療所では、本当の患者利益を実現することのできる診療室、いわば地域の中心となる診療室づくりを支援していくための取り組みを継続しておこないます。
主たる具体的な活動として、データ管理ソフトの開発・販売、2つの海外研修の実施、チームミーティングを開催致します。

現在、ファイルメーカーをベースとしたデータ管理ソフト(SAT Innovation Map)をSAT事務局と共同で開発しています。自院のおこなってきた臨床の取り組みのアウトカムを評価するため、また我々の取り組みから次の科学的な根拠を紡ぎだしていくために日々の臨床データを蓄積していく必要があります。この目的を達成するために使い易く、拡張性のあるソフトをめざし、4月にテスト版の動作チェックができる予定です。その後、販売/サポートの体制を整え、皆様にお使いいただく予定です。
販売価格は、オーラルフィジシャン育成セミナー修了医院の皆様についてはネットワーク版25万円(クライアントの制限なし)、スタンドアローン版15万円、一般医院についてはネットワーク版75万円、スタンドアローン版45万円を予定しております。

1つ目の海外研修として、6月にドイツ研修を開催いたします。我々とビジョンを共有する組織であるIHCFのDr.ライヒ、Dr.シュルツとプレゼンテーションを通じて意見交換を行うとともに、ドイツで最も古い大学でありヨーロッパの名門大学の一つに挙げられるハイデルベルク大学歯学部の視察他、魅力的なプログラムをご用意しております。なお、こちらの募集は終了しております。

>2013オーラルフィジシャン・ドイツ研修

2つ目の海外研修は、7月にクレイトン大学(米国)において世界的ベストセラーであるネッター頭頸部・口腔顎顔の臨床解剖学アトラス(医歯薬出版)の著者であるノートン教授が直接指導するカダバー口腔顎顔解剖学実習を予定しています。米国クレイトン大学の全面的なサポートにより、クレイトン大学教授陣及びノートン教授による講義(CTの読像、臨床解剖学、臨床インプラント解剖学)やインプラントカダバー実習が集中的に3日間で効率的に行われます。参加をご希望の方は下記のページをごらんになり、お申し込みください。

>ノートン教授によるインプラント治療のための臨床解剖学実習

チームミーティングは、本年も前回までと同様、医院単位で参加し学ぶことのできる魅力的なプログラムを用意しました。詳細は、このWebサイトに掲載します。開催の時期ですが、チームミーティングはこれまで7月の第一土曜日、日曜日に開催してまいりましたが、参加者の皆さんにより過ごしやすい環境の中で会にご参加いただくことを目的に、今年は10月5日、6日の開催となりました。季節の味覚があふれ、清々しい空気漂う庄内の秋を会とともに満喫していただければ幸いです。募集は2013年1月中にを開始する予定です。秋の学会シーズンのため早期に募集開始とさせて頂きました。オーラルフィジシャン育成セミナー修了医院の皆様には、募集の開始時にSAT事務局よりメールにてご連絡します。例年、募集開始から一週間以内に満席となっています。参加をご希望の方は、早めの申し込みをお勧めいたします。

>オーラルフィジシャン・チームミーティング2013

また上記以外にも、オーラルフィジシャンセミナー講師陣により、フォローアップセミナーが企画されています。これらを含めたオーラルフィジシャン支援セミナーに関しましてはホームページをご覧ください。

>セミナー一覧

なお、2011年10月のチャリティーセミナー、2011年12月のファイナルセミナー、2012年7月のチームミーティングでは収益から経費を差し引いた全額を東日本大震災被災者支援活動に寄付いたしました。本年以降も引き続き、酒田でのセミナーの収益を寄付致します。
これは被災地が復興するまで継続いたします。

▲トップへ戻る




文字サイズの変更